• HOME
  • 学生・臨床研修医の方へ
  • 各部門における教育

口腔外科を学びたい方へ

専門領域を確立しよう

わが国の歯科医療水準はこの30年間で目覚ましい進歩を遂げています。しかし一方では、歯科界を取り巻く環境が年々厳しさを増していることを、皆さんも実感されていることと思います。「歯科医師過剰」という言葉で語られている歯科医師の将来に対する不安や閉塞感は今に始まったことではありません。30年ほど前に歯学部学生であった私が聞かされた「予防歯科がこのまま発達して行くと齲蝕がなくなるから歯科医師は不要になる」との話を思い起こしますと、「歯科医師過剰」は何時の時代になっても不変なものであろうと思われます。全ての歯科医師が従来の一般歯科を指向するならば、10万人にも達する歯科医師数は確かに多すぎると言えます。このような時代であるからこそ、皆さんは自分たちが活躍できる専門分野を確立すべきではないでしょうか。

口腔外科の魅力

口腔外科の診療域には咀嚼、嚥下、言語といった重要な機能が集中し、手術の結果は患者のQOLに直結します。したがって、口腔外科は日々真摯に臨床に取り組む姿勢に加え、全身管理などに関する幅広い知識、繊細な感性、高度な手術手技、そして強靭な精神力と体力が要求され、歯科医療の中では最も専門性の高い分野と言えます。しかし、診療の合間に患者やその家族の笑顔や喜びを実感できる、日々の努力や情熱に見合うだけの魅力を秘めた診療科でもあると思います。

顎顔面口腔外科学部門における教育

顎顔面口腔外科における教育目標は、自ら考え、調べ、自己の問題点を見つめ直すことで新しい知見を生み出すことができるAcademic Surgeonを育成することにあります。具体的には、常に問題意識を持って診療に臨み、その結果を冷静に分析し、得られた知見が例え小さな発見であっても自身で論文を作成し、発表するように指導します。
口腔外科の手術教育は口腔外科専門医の資格を得るまでの第一段階、専門医として主な手術の執刀を担当し、口腔外科指導医の資格を得るまでの第二段階、そして指導医として自己の専門分野を確立する第三段階の3段階に分けることができます。第一段階の研修では基本的な手術手技の修練はもちろんですが、病棟での周術期管理や麻酔科での研修などを通し、口腔外科治療で必要な全身管理が確実に出来るように指導します。一方、第二第三段階の研修では「手術が出来る口腔外科医」の育成が重要な目的となります。そのためには手術指導などによる修練を徹底的に積ませることが必要であり、学内のみならず、国内外にある一流の医療施設へ派遣して手術研修を受けさせることで、高度な専門性を有する口腔外科医を育成したいと考えています。

口腔腫瘍外科学部門における教育

口腔癌は歯学部教育でも重要な疾患であります。頭頸部癌の中で最も症例数が多いのは口腔癌であり、この疾患を発見するのは地域の歯科医師であることが多く、初期診療を行う可能性の高い歯科医師に口腔癌の教育は重要な項目であることがわかります。昭和大学では口腔腫瘍外科学部門が発足したことで歯科、医科に偏った教育ではなく、他の大学の歯学部、教育機関とは違う一歩進んだ教育をしていくことができると考えられます。そして同時に頭頸部腫瘍センターでの臨床実習も可能なため全身管理を含めた口腔癌の診療を経験することや、咽頭、喉頭、副鼻腔、頸部など周辺疾患についても経験することができるようになりました。また診療、手術だけではなく、放射線治療やがん薬物療法についての知識も習得することができ今後の昭和大学歯学部の教育の向上にもつながっていくと考えられます。
昭和大学は医系総合大学であり、学生の時から医、歯、薬、保健医療学部が寮生活、連携実習などを組み入れて教育を行っています。昭和大学だからできる、そして昭和大学にしかできない医師、歯科医師、他職種でのチーム医療による頭頸部腫瘍の診療を行い発展させていきます。