診療案内

昭和大学歯科病院口腔外科の診療について

昭和大学歯科病院口腔外科では、顎顔面口腔外科と口腔腫瘍外科が互いに密に連携をとりながら診療をしています。
顎顔面口腔外科では一般の歯科医院では対応が難しい、顎口腔領域に生じた疾患について診断と治療を行っています。この領域では歯に関連した疾患から顎変形症、外傷そして顎骨腫瘍などと様々な疾患が発生します。主な対象疾患は、智歯(親知らず)、埋伏歯、歯性感染症、口唇口蓋裂、顎変形症、良性腫瘍、顔面外傷、粘膜疾患、顎関節疾患、唾液腺疾患などと多岐に及びます。
一方、口腔腫瘍外科では、口腔癌(舌癌、口腔底癌、頬粘膜癌、歯肉癌)、唾液腺腫瘍など、頭頸部腫瘍全般が診療対象となります。頭頸部腫瘍の治療では手術だけではなく化学療法、分子標的薬、放射線療法を組み合わせた併用療法が必要とされるため、入院、手術、化学・放射線療法は、昭和大学病院の頭頸部腫瘍センターと連携し、安全で高度な医療を提供しています。
顎口腔領領域に異常をきたしますと、食べる、会話をする、飲み込むなどの機能が障害されることがあります。また、顔が変形して審美性が損なわれますと、患者さんは精神にも大きな苦痛を受けることになります。私たちは、単に疾患を治療するのではなく、口腔・顎・顔面の形態や機能を回復させて、患者さんの社会復帰をサポートすることが大切であると考えています。これまでに得た知識と経験を生かし、また地域医療機関や関連各診療科と連携しながら、患者さん毎に最善の医療が提供できるよう努めて参ります。

診療対象

口腔外科では、口の中、あご、舌の疾患全般の診断・治療を行っております。
主な治療は、以下の通りです。

  • 智歯(親知らず)など顎の骨の中に埋まっている歯の抜歯
  • 全身疾患があり一般の歯科医院では困難な歯の抜歯
  • 虫歯や歯周病が進行して起こる顎骨炎や蜂窩織炎
  • 嚢胞(膿の袋)性病変
  • 口腔粘膜疾患(口の中の粘膜にできる様々な病気)
  • 腫瘍(悪性・良性)
  • 口蓋裂などの先天異常
  • 顎関節症
  • 顎の骨の骨折や口の裂傷などの外傷性疾患
  • 顎変形症
  • インプラント(人工歯根)治療

外来受診方法

初診受付時間
8:30~15:00
外来診療予約時間
9:00~16:30
診察開始
9:00
外来電話番号
03(3787)1151(代表) (9:00~17:00)

お願い

再診は担当医との予約となります。診療の内容によっては、予約時間よりお待たせすることがあります。予約センターは有りませんので、予約に関しては、直接口腔外科にお問い合わせ下さい。
ご不便をおかけしますが宜しくお願い致します。
ご紹介いただきました患者さんに関しても、抜歯等の外科処置の予約が1~2か月先になることもあります。
大学病院は教育機関であるため、診療・検査の結果は、個人を特定できないようにして研究・教育に使用することがあります。
また、診療の際に学生や研修医が関わることがあります。御理解を賜り、ご協力宜しくお願い申し上げます。

※ 受診の流れに関しては、昭和大学歯科病院のホームページにてご確認ください。