• HOME
  • 医療関係者へ
  • 口腔腫瘍外科

口腔腫瘍外科

概要:チーム医療による最善の治療を提供する

昭和大学歯科病院において口腔腫瘍外科は、頭頸部腫瘍センターとして診療を行っております。外来には多くの歯科病院では設置されていないNBIを搭載した口腔、咽喉頭電子内視鏡が設置され早期癌の発見に役立てております。超音波検査も外来に設置されており頸部への転移の有無などを確認でき、そして細胞診検査などもいつでもできるように準備してあります。癌は進行する病気でありますので早期発見、治療に心がけて診療を行っております。
また、診療に際しては、顎顔面口腔外科と密な連携をとっております。

対象疾患:口腔癌治療に特化している

対象疾患は舌癌、歯肉癌、上顎癌、口底癌、頬粘膜癌、口蓋癌、唾液腺癌などの口腔悪性腫瘍、そして口腔の良性腫瘍を対象としております。治療には手術だけではなく化学療法、分子標的薬、放射線療法、手術を組み合わせて臓器、機能の温存をめざしております。

得意分野:口腔癌の治療にはチーム医療が不可欠である

口腔癌(舌癌、口底癌、頬粘膜癌、歯肉癌、口蓋癌)、唾液腺腫瘍、良性腫瘍全般を得意分野としています。

手術

口腔癌は頸部へリンパ節転移をきたしやすいこと、術後嚥下機能に障害が出る可能性があることなどから頸部郭清術や嚥下改善(防止)手術など頸部を操作する手術も必要となってきます。当科では喉頭癌や咽頭癌など頸部が専門の頭頸部外科医師との合同治療を行っているため安全に行うことができます。また口蓋から鼻に進展した腫瘍などの耳鼻咽喉科と歯科の境界領域や両者にまたがる腫瘍に関しても、当科で治療ができ鼻科用内視鏡、ナビゲーションシステムを用いて低侵襲で安全に手術が行えるようになっています。

化学(分子標的薬)療法・放射線療法

癌治療の柱として化学(分子標的薬)療法・放射線療法があります。これまで我々は数多くの化学療法、放射線療法、化学(分子標的薬併用)放射線療法を行ってきた実績があり治療の管理に対しても十分な経験があります。そしてスタッフには腫瘍内科で研修を受けた医師、がん治療認定医、頭頸部癌専門医がいるため安全に行うことが可能となっています。そして昭和大学頭頸部腫瘍センターでは各専門領域の医師がいるため合併症が生じた場合にも速やかに対応、治療を行うことができます。

リハビリテーション・口腔ケア

口腔癌は治療により摂食、構音さらには嚥下機能が低下することが多い疾患です。そのため治療開始前から機能障害を最小限にするために口腔機能の判定を行い、術後の欠損を考慮した装具、義歯の作成、リハビリテーション指導を行っています。術後も定期的な口腔ケア、リハビリテーションを行うことで障害があっても最大限の機能回復ができるようにケアを行っています。

このように、医師(耳鼻咽喉科、頭頸部外科、形成外科、放射線科など)、歯科医師(口腔外科、口腔リハビリテーション科、口腔ケアセンターなど)、歯科衛生士などそれぞれの得意分野を前面に出した合同治療を得意分野としております。